【語学】TOEICで今の実力を知る

こんばんは。

 

TOEIC、かれこれ何年くらいでしょうか。

就職・転職のときに英語力の判断基準に使われたりしていますよね。

私の感覚では、特に就職の時は足切りのための材料としても使われてると思います。

悔しいけど、人気の企業・職種だと、ものすごい数の応募があるだろうから、

何かで足切りしないと、そんなに大勢面接できない、というのも、

企業側からするとあるでしょうね。

受ける側からすると、それだけで切るなよ!と思うところも大いにありますが。

 

で、いずれにしても、これから英語を勉強しようというとき、

自分の今のレベルを知らないと、どこから手を付けていいかもわかりませんよね。

 

その1つの判断基準として、TOEICは有効かな、と思います。

「話す・書く」スキルは、L&R(いわゆる、一般的に言われているTOEIC試験)では

使われないし、得点化もされませんけど。

 

だってね、基礎的な問題から、難しい応用問題まで、

いろんなレベルの問題がちりばめられてるんですよ。

 

英検もいい試験だと思います。

だけど、英検は級がある分、自分で自分のレベルがわかって始めて

受ける級が決まるわけです。

 

一方で、TOEICは、通訳や翻訳を仕事にするような人から、

英語学習初心者の人まで、だれもが同じ試験を受けるわけです。

だから、問題のレベルもいろんなものが1つの試験にちりばめられてる。

 

「読む」「聞く」の受け身のスキルしか出題されないけど、

写真を見たり、会話を聞いたり、長文を読んだり、グラフや表から読み取ったり。

さらに、2時間で200問という問題の多さ。

のんびり考えてる暇はないんですね。

だから、実力がわかる。

 

 

でも、一方で「試験慣れ」も必要なのがTOEICで・・・

 

この辺りはまた。