【本】ホリエモンは努力の人?

お久しぶりです。Kateです。

 

本当にお久しぶりです。
なんか、「語学」や「世界の文化」とかだけでブログをずっと書き続けられるほど、ネタないなぁ、と思ってしまったら、更新が止まってしまいました。

ネタなんて何でもいいやと思えたので、また書き始めようと思います。
毎日ではないと思いますが。

 

さて。

最近、本を読んでいます。図書館で借りたり、本屋で買ったり、いろいろですが。

で、いろいろ人気の本はありますが、今、『多動力』って本が平積みになっていたり、
アマゾンのランキングに入っていたり(ビジネス書の分野で)、人気のようです。
著者は、「ホリエモン」こと「堀江貴文」さん。

正直、私はあまりホリエモンが好きではありませんでした。
なんだろう。なんか、ふてぶてしいっていうか、感じ悪い!って思ってたんです。

だから、あれだけ平積みにされてて、書店に足を運ぶたびに気になって手に取ってみたり、
手に取らなくても、なーんか後ろ髪惹かれる感じで何度もその本の前を通ってみたり(笑)

ということを繰り返してたんです。

それでも、買う気にはなれなくて、まずは図書館で1冊彼の本を借りてみようと、
ランキングをチェックしたら

 

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」

 

という本が、『多動力』の影響か、ランキング入りしていて、さらに、評価が高く(どちらもAmazonにて)、図書館で確認したら「2人待ち」。

二人くらいならすぐに回ってきそうですよね、私の順番^^

 

で、1週間程で回ってきたので、読み始めました。
通勤電車の往復1日半くらいで読めました。
その割には内容が深い。
グサグサと刺さる言葉(「うわー、これ、私に言ってるよ!できてない!」と思うような)がたくさん。

そして、もう一度、今度はメモを取りながら読んでいます。
返却する前に、これは!と思うセリフをメモしておこうと。

 

ホリエモンのことを、

 

簡単に東大に合格して、簡単に会社を立ち上げて売上上げて、「なんで?簡単でしょ?」みたいな顔して~!嫌な奴!

 

と思っていましたが、なんか、見直しました。
もちろん、だれでも東大に受かるわけじゃないし、だれでも会社を立ち上げて売上上げて、なんてできないけど、ホリエモンも別に最初から能力があって、それこそろくに頑張りもせずにやってきたわけじゃなくて、実はコツコツとやってきた人なんだな、ということが知れて、「同じこと」はできないけど、「私に合った何か」をすることはできるな、と思ったら、ホリエモンに感謝すらしました。

 

人生に悩んでたら、一度読んでみてもいいかもよ。

 

 

『多動力』、買おうかな(笑)

【本】『わたしのマトカ』片桐はいり

こんばんは。

 

先日、親世代のお友達から「読み終わったから差し上げるわ」と

文庫本をいただいたのですが、それがこれ。

 

『わたしのマトカ』片桐はいり

 

そう。女優の片桐はいりさんが書かれた、映画『かもめ食堂』の撮影のために滞在した

フィンランドのことを書いたエッセイなのです。

 

私のフィンランド熱は、いくつかの小さなスイッチを何年かごとに入れられて、

最後の大きなスイッチがこの春入ったことで、フィンランド語の学習を始めたのですが、

その小さなスイッチの一つが『かもめ食堂』。

 

何か大きなドラマ(事件やラブロマンスなど)があるわけじゃない。

だけど、なんかいい。ほんわかする。温かい穏やかな2時間。

映画館で見て、DVDも買って、熱烈にはまった『かもめ食堂』。

 

それに出ていた女優さんが実際に体験したフィンランドを感じられるエッセイということで

とても期待して読んだし、はいりさん、期待を裏切らない面白い体験をたくさんされていて。

 

オススメします、この本も、『かもめ食堂』も、フィンランドも。

 

私は、フィンランドのごはん、普通においしいと思うけどなぁ。

少なくともまずくはない。

 

ん?私の舌がおかしいのかしら?

【旅行】初めての街の楽しみ方

こんばんは。

今日はちょっと旅の話をします。

私は、多いのか少ないのか、次の国々に旅行してきました。
ざっくりこんな順番で。複数回行った国は、始めて行った時期で並べました。

カナダ、韓国(13回くらい)、中国、ドイツ、オーストリアフィンランド(2回)、台湾、シンガポール

ツアー(パッケージ)を使ったのは、韓国で2回、シンガポールのみで、
あとは、一人旅がほとんどで、数回の出張と、一度の父との二人旅でした。

 

いろいろと、それも一人旅をしていくと、だんだん自分の楽しみ方がわかってくるというか、
パターンが見えてきますね。

私は、始めて行く国・町では、そういうサービスがあればですが、

初日は市内観光ツアーに参加します。

一日1度で、参加者が一斉に市内を回るタイプと、

チケットを買って、勝手に回るタイプ
(専用バスが終日定期的に走っていて、乗り降り自由。1日有効券で観光)

 

どちらにしても、まず、市内観光ツアーで、市内の全容をざっくり頭に入れます。

有名な建物などの位置関係、大きい道路を頭に入れたり、街の広さも把握できます。

 

そのあとで、行きたいところ、ツアーで行ったけど時間が足りなかったところや、

ツアーでは行かなかったところを、頭に入れた地図をもとに自力で回ります。

 

パッケージ旅行(お迎えあり、夕食などの送迎あり。自由時間もあるにはある)を

使ったシンガポールは、正直まったく地理が頭に入っていなくて、

家に帰ってから、数年後、といったときに、ガイドブックを見ても道がつながらない。

ポイントポイントでは、「ここでこれをした」「あそこではあれを食べた」なんて

記憶が蘇るけど、行程を思い出してわくわくしたり、ってことができない。

 

日本でもそうだけど、1泊以上するなら、市内観光ツアーなどの参加はオススメです!

【語学】toは「〜へ、〜に」?

こんにちは。


私は仕事で海外の人とメールにやり取りをするのですが、

同僚もほとんどの人が、英語力に関わらずメールのやり取りをしています。


私の英語力が、英語を教えたりするほど、

ものすごくできるわけではないけれど、

ちょっと英語力に問題ありだなあと思う人のメールは、解けないパズル状態(o_o)


I asked to Mr.xx about zzz. とか

I was have information. とか。


私も昔、ぜーんぜん文法とかを理解していなかったから、

こういう文章を書いてしまう気持ちはわかる。

でも、違うんだよなぁ。


例えばね、私の記憶だと学校で


「to 人」 で 「人に、人へ」 です


と教わっちゃってるんですね。

だから、「誰に〜する」 っていう文章を書くとき

決まって 「to 人」 としてしまう。


でも、動詞によっては、「動詞 人 to」 で 「人に〜する」 が成立するし、それが文法ルール。



2つ目の文章も、両方共動詞だってわかってないんだよね。

多分だけど、受動態と勘違いしてる。

というのは、I was have information. という間違いについてじゃなくて、

受動態で was haven となるとき、wasは動詞だけど、havenは動詞じゃないってこと。


じゃあ、havenは何か。



過去分詞。



もう、動詞じゃないんですよね。

動詞の過去分詞、みたいに表現するけど、動詞ではない。



ってわかってくると、was have のおかしさがわかってくる。



一つの文に動詞は一つ



って教わったと思います。

もちろん、接続詞で繋いでるときは、

ピリオドから次のピリオドまでに幾つか動詞があることもあるけれど。



文法や品詞。

わかってくると楽しいですよ♪

【語学】ロード・オブ・ザ・リングを英語字幕で見てみる

こんばんは。

またまた間が空いてしまいました。

 

数日前から、ロード・オブ・ザ・リングを英語字幕で見ています。

というのも、日本語字幕ではもう、何度も見てセリフも覚えるほどであること。

そして、英語で何と言ってるか知りたいから。

さらに、どれくらいセリフについていけるか、字幕を見ながらセリフを言ってみたくて。

 

もちろん、3つ目のセリフを言ってみるのは、1本につき3時間45分ある映画で、

3部作ですから・・・ねぇ。そんなに長いこと喋れないので、

1作目の最初の30分くらいだけやってみました。

言えるところもあれば、言えない(スピードについていけない)ところもある。

当然だけど。

 

でも、言えると、発音やイントネーションも「お!今のいい感じじゃない?」となると

一人で勝手にうれしいですよね♪

 

お気に入りの映画やドラマがあったら、ぜひそんなのもやってみてくださいね。

韓国語やフィンランド語でもやってみたいなぁ~!

【語学】現地(海外)に行ってみる

こんばんは。

少し間が空いてしまいました。

 

今日は、現地、つまり、海外に行ってみる、です。

 

ちょっとできるようになってくると、実力を試したくなりますよね

え?ならない?

 

私はなるんですよ。それも、例えば日本国内の外国の人と会えるような場所、

例えば、バーとかじゃなくて、海外に行きたいって。

 

なんでバーじゃダメかって?

 

んー、少なからず日本語ができる外国人ばかりだから、かなあ。

こっちがわからないことがあっても、日本語でフォローしてくれるんですよ。

人によってはね。

 

それは、とってもありがたいこと。まだ実力があまり高くないときや、

慣れていないころにはね。

 

でも、少しできるようになってくると、「日本語に接したことがない人」と

「自分の英語(または学習している外国語)の力のみで」コミュニケーション取りたくなるんだ。

 

最初は怖かったですよー。

通じるかなってのもそうだし、無事帰ってこられるかなとか(笑)

 

 

韓国語のときは、初訪韓は両親と2泊。

その後の詳細は覚えてないけど、出張含めて12回くらい行ったうちの

3回くらい以外は一人旅。

韓流の全盛のころとはいっても、日本に対していい感情を持っていない人も

多いと聞く国の一つだから、言葉の面だけでなく心配もしたし。

 

英語では、10代の時にカナダに行ったけど、これは英語や外国語を語る際の

「海外旅行」としてはカウントしていなくて

(あまりにできなかったし、父にすべて頼ったから)

最初は、ドイツだと思っています。

ドイツは当然ドイツ語圏ですが、「だからこそ」よかった。

 

なんでか?

英語が外国語である国民同士なんですよね。

まぁ、彼らの方が文法やらなんやら、母語が日本語の私たちより勉強しやすいでしょうけど、

でも、外国語である英語を話すから、そんなに猛烈なスピードで喋る人が少ない気がします。

 

好きな国に行けばいいと思うけど、迷ったら(英語の実力を試したいなら)

 

・(当然)比較的安全とされる国

・ツアーより個人旅行。

 もしツアーなら自由時間が多く、現地の人と話す機会が作れそうなものを選ぶ

・米、英、豪などが好きなら「英語=母語」の国でもいいけど、特に興味がないのなら

 どこでもいいと思う。英語がある程度通じる国ね。

 

そんなところをポイントに選んだらいいと思います。

 

できれば、個人旅行でもツアーでも、自分で動けるときには、

公共交通機関や足を使って街を散策した方が、楽しいと思いますよ~。

道も覚えて思い出にもなるしね。

【語学】嫌になるくらい何度も見られる映画・ドラマを見つける

こんばんは。

 

ちょっと真面目な、TOEICなんて話をしたので、

今日はまた「楽しくお勉強」のお話し。

 

映画とかドラマを見て、気に入ったセリフをまねましょう

 

って以前書きましたが、似た感じで、

 

テープが擦り切れるほど何度も見られる・見たくなる映画・ドラマを見つける

(まあ、もう、DVDだったりYou tubeだったりで、テープで見る人なんていないだろうけどさ)

 

これも一つ大切なことだと思うんですね。

暗記するくらい何度も見る。

 

そうしたら、覚えるよねぇ。

その映像作品の言い方(イントネーションとかも含めて)、耳慣れるよね~。

 

だから、おすすめは、次のようなもの「ではない」もの。

あんまり訛っていたり(古い言葉を含む)

乱暴だったり穢かったりする言葉が多かったり

専門用語ばかりだったり

あ、あとエロス系も・・・

 

これらは、正直ね、もっとできるようになってからでいいと思うの。

 

だってさ、日本語を勉強している外国の方がね、汚い言葉ばかり連発される映画を見て

日本語勉強してさ

 

「テメー」 とか

「ほざく」 とか

 

そういうのばかり覚えてても、ちょっと引くし、大丈夫かな?って思うでしょう。

 

逆に、いいとは思うの。いいとは思うけど、歴史ものばかり見て

 

「~で候」とか、

「~でござる」 とか

 

を日常使われても、笑っちゃうけど、ちょっと会話にならないよね。

 

なので、そう。普通の映画・ドラマを見ましょう!

 

例えば、「You've got a mail」とかね。

今からすると、ネット環境とかものすごいふる~いけど、いいよ。

ほんわかする映画だし、英語自体も日常会話&標準語だと思うし、汚い言葉とかもほぼないし。

 

とにかく、何度も何度も見られる、あなたの飽きない作品を見つけましょう!